Heartful Esthe

ハートフルの高収入アロマエステ,風俗アルバイト情報

京成西船で高収入な風俗の求人「ハートフルエステ」お雑煮は関東と関西で違う!?

アーカイブ

read more
葉 葉
Article

京成西船で高収入な風俗の求人「ハートフルエステ」お雑煮は関東と関西で違う!?

2019年1月10日

お雑煮の歴史

こんにちは!

ハートフルエステ広報担当の澤田です。

正月には「お雑煮」が出てくるイメージがありますが、歴史は古く平安時代から食べられていたそうです。

そもそもお餅は農民にとって特別の日に食べるものでした。神様にお供えしていた餅や芋、人参などの具材を新年最初に汲んだお水で煮込んで、神様からの御下がりとして食べていたのが始まりだと言われています。

このお雑煮なんですが、関東と関西で味付けや入っている具材や餅の種類が違うの知っていましたか?

今回はその違いについて説明していきます。

関東のお雑煮

先ずは関東から北海道までの地域で食べられているお雑煮です。

・焼いた角餅
・鶏肉、小松菜、人参、大根、かまぼこなど
・醤油味の澄まし汁であっさりめ

私の食べてきたお雑煮はこれです!

 

江戸時代は多くの武士が江戸に住んでいました。お雑煮を作る際に、のしもち(長方形に平らに伸ばした餅)を使うことによって「敵をのす(敵をやっつける)」という意味を込めて、のしもちを焼いて使っているという説もあります。

醤油味である理由は、「勝負に味噌をつける(勝負に負けて評判を落とす)」という言葉があったため、味噌仕立てにするのを嫌い、かつおだしであっさりしたしょうゆ味が好まれたと言われています。

関西のお雑煮

関西のお雑煮についてです。

・焼かずに茹でた丸餅
・里芋、大根。人参など
・白味噌を使った味噌仕立て

丸餅を使う理由は「その年を丸く収める」という意味が込められているからです。

関東では味噌は縁起が悪いと言われて使われていませんでしたが、関西地方ではあまり武士社会が無かったため味噌が使われているようです。

 

お雑煮にこのような歴史の背景があったなんて実に面白いですね(^^)

風俗・求人のお知らせ

京成西船で風俗をお探しの方はハートフルエステへ一度面接・体験入店にいらしてください!

完全個室待機ですので人間関係の心配は一切ありません。

日払いは全額日払いで、その日の稼いだ分は全額持ち帰れます。

京成西船付近の送りも行っておりますので終電を気にせず働けます!

自由出勤で少ない時間や少ない日数の出勤からでも働けます!

ノルマや強制や罰金は一切ありませんので未経験の方でも安心して働けます!

未経験の方で良くある悩み、「エステの技術はどう学んだらよい?」という事があると思います。当店は女性講師による講習を随時行っております!誰でも面接後に体験入店が出来ますので、即日で稼ぐことが出来ます!

その後も希望であれば講習は何回受けてもらっても大丈夫です!

もちろん講習は全て無料です!

頑張り次第で高収入も狙えます!

興味のある方はお問合せお待ちしておりますm(__)m